和の篆書の疑問 (解決編・一応)

  • 2012.07.28 Saturday
  • 11:20
JUGEMテーマ:書道

平和の「和」の篆書(小篆体)ですがなんで右と左が反対になっているかなんですが…


調べた結果、よくわからないということがわかりました。
正直、平和の「和」の禾編が右にあろうが左にあろうが「和」を大切にしようって意味みたいです。たぶん。


議論しつつもお互い立場は違えど相手を尊重するみたいなことでしょうか?
とにかく「和」を使った平和という言葉すごく的を得ているということになります。 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

ホームページ

colossal

facebook

丸永印聖堂

昭和48年創業 【技術とまごころのお店】 福岡県遠賀郡岡垣町中央台4-1-5 TEL/FAX 093-282-4049 メールアドレス yasu1115@kkd.biglobe.ne.jp

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM