印材選び 黒水牛研究 No1

  • 2012.04.09 Monday
  • 07:38

実印や銀行印に使われる材料で一般的によく出る「黒水牛」があります。

上記の写真は当店の黒水牛です。

写真の左が比較的安い金額でお出ししている「高級黒水牛」
写真の右は少し高めの金額でお出ししている「最高級黒水牛」です。


この二つの材料は何が違うのかというと
朱肉をつけて紙の上に押したときの「付き」の良さの違いです。


「最高級黒水牛」の方が断然きれいに押せます。



何でかというと
まずは下記の写真の印面の傷みたいに見える「芯」に注目して下さい

印面の真ん中にある年輪みたいに見えるのが「芯」です。
この「芯」の部分が太いほどきれいに付きにくいのです。


確かなことは言えないのですがたぶん「芯」の部分に朱肉が付きにくいのではないかと思います。


ちなみに上記の写真は「高級黒水牛」の方です。
一方

見えにくいかもしれませんが真ん中付近にちょっと「芯」が見えます。
これが「最高級黒水牛」です。



じゃあ「芯」が無い材料のが良いんじゃないと思う方もいるかと思いますがこれはまたNo2でご紹介したいと思います。
それではまた次回をお楽しみに!!

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

ホームページ

colossal

facebook

丸永印聖堂

昭和48年創業 【技術とまごころのお店】 福岡県遠賀郡岡垣町中央台4-1-5 TEL/FAX 093-282-4049 メールアドレス yasu1115@kkd.biglobe.ne.jp

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM