消防団の水防について2

  • 2018.07.14 Saturday
  • 10:18

JUGEMテーマ:国防・治安・消防

さて前回の続きです。

 

 

16時過ぎの召集で行った現場ですが

IMG_6383.PNG

駐車場と階段の途中から地面がずれています。

 

IMG_6382.PNG

駐車場の斜めの線が入って地盤がずれています。

これがぐるっと家を囲むように地盤がずれています。

 

 

ということでここにこれ以上の雨が入らないようにブルーシートを張って雨除けを

IMG_6385.PNGIMG_6384.PNGIMG_6386.PNG

IMG_6387.PNGIMG_6388.PNG

こんな感じで地面の上にブルーシートを張り

更に高い場所からブルーシートを斜めにはり直接雨が地面に行かないようにしていきました。

 

これで正解かどうかはわからないのですが

とりあえず私達消防団が出来る限界です。

 

 

この作業中にも本業の仕事が終わった団員が続々と集合していただき

最後のほうは急ピッチで終了しました。

終わったのが19時半すぎ。

 

再度の召集があるかもしれないので早々に解散しました。

 

 

火事場ではあんまり命の危険を感じないのですが(基本、店主は消防車周りの操作の為)

水防は本当に怖いと思うことが多々あります。

これからもこういう災害が増えて行くのでしょうか?

 

とりあえず消防団は水害の際にも水防団として活動するということをお伝えしたかったんです。

被害のひどかった県や地区の消防団の方々もきっと今も必死で活動しているのではないでしょうか?

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ホームページ

colossal

facebook

丸永印聖堂

昭和48年創業 【技術とまごころのお店】 福岡県遠賀郡岡垣町中央台4-1-5 TEL/FAX 093-282-4049 メールアドレス yasu1115@kkd.biglobe.ne.jp

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM