象牙とラクト 印材の違い

  • 2013.02.05 Tuesday
  • 07:07


これどっちが象牙かわかりますか?



正解は最後にのせておきます。
見た目はあんまり変わらないですよね?

違いは左側が白に近くて右側は少し黄色が入ってますよね
それから印材の頭部分左側は中心から円に向かって線が入ってます。

右側の黄色い印材はちょっと見にくいかもしれませんが細かな線が弧を描いてますよね。
例えば木の角材を先端からみたらこんな感じで見れると思います。


この年輪が入っているのが象牙とラクトを見極めるポイントになってます。

ちなみに重さを量ってみました。
白っぽい左側の印材は10mm丸

7gあります。

一方、右側の黄色っぽい印材は10.5mm丸
前の印材より少し大きいんですが

9gです。

つまりあまり重さは変わらないことになります。
だって9gも7gも手に持つだけでは違いがわからないですもんね。


ということで見た目だけで判断しないといけないことになります。
前述した印材の模様の違いで正解を導きださないといけないのです。


ちなみに象牙の印材は少し黄色ぽい色をしていて(中には白いものも!!)年輪の一部が見えるものが象牙なんです。

ちなみに象牙の年輪の弧の幅が狭いほど高価で中々取れない印材です。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

ホームページ

colossal

facebook

ネットショップ

丸永印聖堂

昭和48年創業 【技術とまごころのお店】 福岡県遠賀郡岡垣町中央台4-1-5 TEL/FAX 093-282-4049 メールアドレス yasu1115@kkd.biglobe.ne.jp

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM