篆書の勉強

  • 2014.06.23 Monday
  • 07:16

「晦」
たまには篆書と篆刻の勉強をやりました。

秋にはまた人前で字入れをしないといけないので
少しずつ時間を見つけて字入れの練習をやっていきます。

考えたら仕事よりも勉強のが多い気が・・・。
ま、あんまり気にしないようにしないと。

「深感動天」

  • 2013.11.13 Wednesday
  • 06:56

今までは小さな文字ばかりを書いていたものですから
久しぶりに大きな文字を書くといいですね。

先日の篆刻教室に刺激されて書いているのですが篆書自体にはだいぶ慣れが出来てきました。
その文字を18mmや15mmに配置して書く作業に転換できるといいんですが・・・。


今朝は冷え込んでいますね
昨年植えたみかんが収穫できそうなので今朝は3姉妹と一緒に収穫してみます。
(摘果した青いみかんを3女がおいしそうに食べていたので店主も食べたのですがレモン並に酸っぱくてびっくりした思い出が)
おいしく出来ているかな!?

久しぶりに書道

  • 2013.11.11 Monday
  • 17:24

久しぶりに書道の時間をしているのですが・・・。
なにぶん本当に久しぶりですので手が慣れるまで時間がかかりそう。

昨日あった篆刻教室で字入れをしたのですが
即興で書くとなるとやはり毎日筆を使っていたほうがいいなと思って
(たぶんそんなに長続きはしないかと。)


ですが字入れはやはり色々考えていると楽しいですね
こんな風にしようとか、あんな風にしようとか。



 

「君子喩義」 完白篆書冊より

  • 2013.02.14 Thursday
  • 18:40
JUGEMテーマ:書道

何ヶ月ぶりかに大筆を持ちました(笑)


別に締め切りなどないので気ままにやっている臨書なんですがこんなに長い間持たないと肩がこってしかたがないですね。

とりあえず感覚が戻るまで気ままに書いていこうかなと思います。



ところでこの臨書、画像を反転させるとそれらしく見れるという記事を発見しましたので反転させてみました。

ほんとにそれらしく見える!?

「得痛快坐」 完白篆書冊より

  • 2012.09.20 Thursday
  • 16:32
JUGEMテーマ:書道

 完白篆書冊より「得痛快坐」です。


「心」の部分がうまくいかなく「快」が崩れてしまいました。
全体的なバランスはだいぶ取れるようになってきました。

後は一文字一文字の一画をらしくみせれるといいんですが…。

「中至有流」 完白篆書冊より

  • 2012.09.06 Thursday
  • 18:40
JUGEMテーマ:書道
 
さて久しぶりの臨書です。


今回も  完白篆書冊より
「中至有流」を書きました。


今回は字画が比較的少なくごまかしがきかない配字です。
案の定、「至」や「有」のバランスが悪く「 完白」らしさが出ませんでした。

久しぶりに書いた篆書でしたがもう何回か書いてみたいと思います。

「章聴者如」 完白篆書冊より

  • 2012.08.01 Wednesday
  • 08:02
JUGEMテーマ:書道
おはようございます。
台風が近づいていますが福岡県はあまり影響なさそうです。

「章聴者如」です。
最近はだいぶ形になってきた気がします。

篆書、とりわけ小篆の魅力は線と線が複雑でその間にある空間のバランスの面白さにあるような気がします。楷書や行書ではこの空間の魅力はとても出せないのではないでしょうか?

この空間のバランスをとるのにいつも苦労していますのでわかることかもしれません。
 

「気微冷而」 完白篆書冊より

  • 2012.07.30 Monday
  • 17:56
JUGEMテーマ:書道
今日は午前中から午後にかけて雨が降ってくれたおかげで少し一息付けました。
身体も少し疲れていたのでちょうど良かったです。

雨やオリンピック!?のおかげでお客様も一段落中。
まとまった時間もありましたので少し篆書の練習を

「気微冷而」
字画が少ないのでバランスを取るのが難しいです。
逆に「微」は字画が多いので何とか見れるのですがまだまだです。
 

和の篆書の疑問 (解決編・一応)

  • 2012.07.28 Saturday
  • 11:20
JUGEMテーマ:書道

平和の「和」の篆書(小篆体)ですがなんで右と左が反対になっているかなんですが…


調べた結果、よくわからないということがわかりました。
正直、平和の「和」の禾編が右にあろうが左にあろうが「和」を大切にしようって意味みたいです。たぶん。


議論しつつもお互い立場は違えど相手を尊重するみたいなことでしょうか?
とにかく「和」を使った平和という言葉すごく的を得ているということになります。 

和の篆書の疑問

  • 2012.07.27 Friday
  • 17:49
JUGEMテーマ:書道
今回は臨書ではないのですが

和の篆書(小篆)

現代の漢字と比べると禾編と口部が左右逆になっている。
なんでだろう?

今日のお客様に指摘されて気づいたのですが良く分からないんです。
とりあえず調べてみますかね!? 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

ホームページ

colossal

facebook

丸永印聖堂

昭和48年創業 【技術とまごころのお店】 福岡県遠賀郡岡垣町中央台4-1-5 TEL/FAX 093-282-4049 メールアドレス yasu1115@kkd.biglobe.ne.jp

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM